護国神社


DSCN0963

広島市中区基町

御祭神/広島県西部出身者の英霊、原爆による公務犠牲者の神霊

明治元年の戊辰戦争で戦没した浅野藩士を祀ることで、水草霊社が建立されたのが始まり。以来、第二次世界大戦までの事変戦争において、戦没された英霊およそ92000柱(勤労奉仕中に原爆の犠牲となられた動員学徒、女子挺身隊等を含む)の神霊が祀られています。旧広島市民球場辺りにあった社は原爆で焼失したため、昭和31年現在の広島城跡に再建。毎年中国地方で最も多くの初詣客が訪れ、広島東洋カープが優勝祈願に訪れることでも有名です。