熊野神社


img_00059  img_00083

安芸郡海田町

御祭神/伊邪那美命・速玉男命・奥津事解男命

萬寿3年(1026年)紀州熊野新宮より勧請されました。よって明治6年に、社名を「新宮」から「熊野神社」と改称されました。八咫烏(やたがらす、やたのからす)は、日本神話で神武東征の際に、熊野国から大和国への道案内をしたとされる烏ですが、この熊野神社でも三本足の烏の姿絵をシンボルとしています。海田市町は古くから安芸国山陽道の重要な宿駅であり、参勤交代の諸大名は、神社西隣の本陣に投宿して必ず参拝していました。